Loading...
 
 
 
 
 
   
  "1人4役挑戦"…'サザ(四子)'パク・ヘジン、初の台本リーディング現場
  名前 : attour     Date : 18-01-11 17:37     Hit : 145    
  トラックバックアドレス : http://taiousisinki.com/top/bbs/tb.php/b02/1033

2018年の最高の期待作とされるドラマ'サザ(四子:創世記)'チームがいよいよ一つの場所に集まった台本リーディング現場の姿が公開された。 俳優とスタッフ全員寒さを溶かす情熱で団結した現場の雰囲気がそのまま伝達されると、どんな作品より大きな期待感を生んでいる。

男女主人公パク・ヘジン、ナナをはじめ、イ・ギウ、グヮク・シヤン、キム・チャンワン、朴クンヒョン、レン、ソ・ヒチョンなど出演陣とチャン・テユ監督や主要スタッフたちまで数十人余りが初めて集まって、先週12月15日、ソウル麻浦区上岩洞(マポグ・サンアムドン)で行われた台本リディングはときめきと緊張感の中でも始終一貫、和気あいあいとした雰囲気に繋がった。
'サザ(四子)'は生き残るのが目的になってしまった男と愛の中で人に対する答えを訪れるまた他の男、そして全ての話の中心にいるある女の物語を盛り込んだロマンス・ファンタジー推理ドラマ。 韓流スターパク・ヘジンを筆頭に、ナナ、イ・ギウ、グヮク・シヤンに続き、貫禄の演技を見せてくれる朴クンヒョン、金チャンワン、ソ・ヒチョンまで超特急キャスティングで話題を集めたこの作品はSBS'星から来たあなた'のチャン・テユ監督がメガホンを取って'星から来たあなた'と'根深い木'で呼吸を合わせたスタッフたちが大挙合流して'スタッフアベンジャーズ軍団'を完成した。

同日、劇中の1人4役を演じ、韓国ドラマ史上空前絶後のキャラクターに挑戦したパク・ヘジンはカン・イルフンをはじめ、自分が引き受けた四人のキャラクターの名前を列挙して"こんにちは。 イルフン、チェン・ドンジン、ミカエル・…このような役割を引き受けたパク・ヘジンです"と特有の笑顔とウィットを見せながら、緊張した台本リーディング現場を大きな笑いで始めさせた。
このように俳優とスタッフらの'名品呼吸'は作品に対する期待感を高め、'事前制作ドラマ'の新しい誕生を予告した。 来年放送を控えた'サザ(四子)'は異例的に製作前から韓国だけでなく、中国、香港、タイ、インドネシアなどアジア各国で版権に対する依頼が相次いでいる。

製作会社の関係者は"俳優たちがお互いに対する配慮を惜しまないながらも、演技に突入すれば、恐ろしい集中力を見せ、脚本リーディング現場でも息を殺すほどだった"と"冬の間、続く'サザ(四子)'撮影を応援してくだされば感謝する"と期待を要請した。

http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201801090100063230004466&servicedate=20180109