Loading...
 
 
 
 
 
   
  [公式]キム・ユンソクXチュ・ジフン、映画'雌雄殺人'で会った。14日クランクイン
  名前 : attour     Date : 17-09-12 13:48     Hit : 111    
  トラックバックアドレス : http://taiousisinki.com/top/bbs/tb.php/b02/1017

題名から好奇心を刺激する犯罪スリラー「暗数殺人」(暗数殺人)がキム・ユンソクとチュ・ジフン、二強烈な俳優で主なキャスティングを確定して去る8月14日月曜日に釜山(プサン)でクランクインした。

監獄に閉じ込められた殺人犯が隠してきた7件の追加殺人を自白して始まる刑事と殺人犯の激しい心理対決を扱った犯罪スリラー「暗数殺人」がキム・ユンソク、チュ・ジフンで主なキャスティングを確定して8月14日(月)本格的な撮影に突入した。 「暗数殺人」とは被害者があり事件も発生したが、申告されず遺体も発見されなくて捜査機関が認知できなくなっている殺人事件を意味する。

「黄海」「海霧」「ファイ:モンスターを飲み込んだ子供」「極秘捜査」と封切りを控えた「南漢山城」まで、毎作品ごとに画面を掌握する強烈な個性と存在感を見せてくれたキム・ユンソクはこだわりと情熱的に隠された殺人事件の真実を最後まで暴く刑事「キム・ヒョンミン」役を演じ、再びカリスマあふれる新しい顔を披露する。また、「阿修羅」で善悪が共存する立体的な顔を見せてくれたのに続いて「神と共に」の世差師に至るまで休む暇のない変身を続けているチュ・ジフンは、刑務所に閉じ込められた状態で、別の殺人事件を告白しキム・ヒョンミン刑事を勝手気ままにする連鎖殺人魔「カン・テオ」 役に扮し、自分のフィルモグラフィ史上最も強烈な変身を披露する予定だ。

キム・ユンソクは「「暗数殺人」大長征の第一歩を今日雨の釜山チャガルチ市場で始めた。今後さらに密度の深い場面が出てくるであろうことを信じる。鮮やかな海の匂いを嗅いでながら撮影をしたとても立体的な感じだった。この感じのまま「暗数殺人」が生気映画で作られることを願う」と映画に臨む所感を明らかにし、チュ・ジフンは「真っ最中暑い夏の中で涼しい事件の記録「暗数殺人」の撮影が開始された。カン・テオの強烈さがよく存続できるように情熱と愛情に良い作品のために努力する」と作品に対する愛情を明らかにした。「暗数殺人」は、このように二人の俳優が繰り広げる緊張感あふれる対決だけでなく、「暗数犯罪」という新鮮な素材をもとにしたしっかりとしたストーリーで、犯罪心理スリラーの真の姿を広げ見える見通しだ。

キム・ユンソクとチュ・ジフンの強烈な初めての出会いで、8月14日(月)にクランクインした「暗数殺人」は、2018年に公開予定である。

http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201708170100142040010357&servicedate=20170816