Loading...
 
 
 
 
 
   
  [公式]検察、キム・ヒョンジュン前彼女に懲役1年4月の旧型…"詐欺未遂・名誉毀損の疑い"
  名前 : attour     Date : 18-02-02 14:10     Hit : 211    
  トラックバックアドレス : http://taiousisinki.com/top/bbs/tb.php/b01/1002

検察はキム・ヒョンジュンの元恋人として知られたA氏に詐欺未遂及び出版物による名誉毀損の容疑を適用、懲役1年4月を求刑した。
検察は今年22日、ソウル東部地方裁判所刑事4部(部長判事李灌龍)の審理で開かれたA氏の詐欺未遂及び出版物による名誉毀損容疑に対する結審公判で、A氏に懲役1年4月の実刑を求刑した。
検察は"被告人(以下A氏)の自宅に対する家宅捜索の結果A氏が紛失したと主張した携帯電話でAさんが妊娠と関連しているモバイルメッセンジャーメッセージを削除した点、妊娠・テスター機の写真の任意的な操作と合成が見える点、最初送った妊娠・テスター機の写真に撮影の内訳がないこと、二番目の妊娠・テスター機写真の伝送、以前にインターネットで、妊娠および妊娠・テスター写真を検索した点、病院でも妊娠が確認されていない点、5月、暴行遺産が虚偽であることにもかかわらず、モバイルメッセンジャーメッセージなどを操作して訴訟を起こし、告訴人が積極的に対処して未遂に止まったこと。A氏も自ら4回妊娠を虚偽(詐欺未遂)と認めた点"を求刑理由に挙げた。
また、"A氏がマスコミのインタビュー、前日に産婦人科を尋ねて妊娠の事実に対する診断書を要求したが、産婦人科から妊娠事実がないことを理由に拒否'無月経'診断書を発給受けたことにも暴行を受け、流産したという虚偽の事実をマスコミにインタビューしたのは有名人を誹謗するための明白な虚偽事実の適示に該当する"、懲役1年4月の求刑の理由を明らかにした。

A氏は今年2015年4月、キム・ヒョンジュンの子供を妊娠して流産したと主張し、16億ウォンの訴訟を提起した。 これにキム・ヒョンジュンは妊娠、遺産、暴行などはすべて事実無根だとし、反訴を進め、2016年8月A氏とキム・ヒョンジュン関連した損害賠償請求訴訟1審判決で裁判部は"A氏の主張に対する証拠がない"、"むしろA氏が事実でない内容でマスコミ各社とインタビューを進め、キム・ヒョンジュンの名誉を毀損させた部分が認められる"、"A氏がキム・ヒョンジュンに1億ウォンを支給せよ"と判決した経緯がある。
以降A氏の追加的な虚偽の主張の情況をつかんだ検察は詐欺未遂(メッセンジャーの対話の削除を通じた証拠ねつ造の)および出版物による名誉毀損の疑いでA氏を起訴した。
一方、今回決心公判に対する最終判決は来る2月8日午前10時に開かれる。

http://osen.mt.co.kr/article/G1110819550